あなたはどちら向き?縮毛矯正と&mouの違い

こんにちは!

大阪市内に10店舗、ご家族でずっと通える今どきファミリーサロン スニップです。

 

今回はお客様からもご質問のあった

私は縮毛矯正と&mouどっちがいいの?

にお答えさせて頂きます。

 

&mouって何?という方はこちらをご覧ください )

 

まず一つ言えることは縮毛矯正と&mou、どちらも艶が出て髪が

綺麗になる素晴らしい技術です。

 

ですがご自身の髪質や状態に合わせて選ばないと、

結果的に髪を傷つけてしまう可能性もあります。

 

それぞれのメリット・デメリットを知って頂くことで

皆さまが理想の髪をより手に入れやすくなりますように。

 

ここでは

  • 縮毛矯正と&mouの特徴
  • どちらが向いているのか
  • &mouについてのよくあるご質問

こちらについてご紹介いたします。

 

  • 縮毛矯正と&mouの特徴

縮毛矯正:クセを伸ばしたい。しっかりしてゴワつきやすい髪質におすすめ

縮毛矯正の特徴はなんと言ってもクセを伸ばすことに重きを置いています。

乾かすだけでサラっとまとまる縮毛矯正は、一度当てると半永久的にその

効果は持続します。世の癖毛に悩む多くの方が施術されています。

 

縮毛矯正のデメリット:髪の負担が大きい。ボリュームがなく、毛先がピシっと硬くなる

髪の結合を強い薬剤のパワーで切り、更にアイロンで熱を加えるため髪にかかる

負担はどうしても大きくなります。また、一度行うと伸びた根本のうねりが

気になり辞め時に迷う方も。真っ直ぐ伸ばして固定するため、髪質によっては

毛先が固く不自然なストレートになる可能性も。

 

 

&mou:クセやうねり、広がりを自然に収めたい。柔らかく細い髪質におすすめ

トリートメントと薬剤を掛け合わせ、さらにアイロンを使った熱の力で髪内部に

新たな架橋を作る&mouは、痩せてきた髪にハリを与え健康な髪へ導いてくれます。

半年のうちに3回ほど繰り返すことでさらに扱いやすくなる状態へ。

 

&mouのデメリット:クセを完全に伸ばすことはできない。濡れた状態は元に戻りやすい

髪の結合を切るものではないため、クセを伸ばしたい方には物足りない仕上がりに

なる可能性があります。また、お子様やヘアカラーなどをされたことのない髪の方、

年間通して縮毛矯正を施術されている髪の方にはおすすめできません。

乾いた状態に効果が現れるため、ご自宅でのケアも必要になります。

 

 

  • どちらが向いているのか?

それぞれのメリット・デメリットを知った上で、次はどちらがどんな髪質、お悩みに

よりおすすめなのかをお伝えいたします。これが全てではありませんので、

最終的には担当の美容師さんへご相談くださいね。

 

縮毛矯正が向いている人

  • くせ毛を伸ばしてストレートにしたい
  • ゴワゴワと硬い髪をしなやかにしたい
  • 半永久的に持続して艶のある仕上がりを求める

 

&mouが向いている人

  • クセを活かし、ダメージを抑えながらボリュームダウンさせたい
  • 表面のチリつく髪を抑えたい
  • 髪にハリ、コシを与えて自然なツヤを出したい

 

 

いかがでしょう?

ご自分に合うのはどちらなのか、一つのヒントになれば嬉しいです

 

 

最後に

  • &mouについてのよくある質問

▶︎ブリーチしていても出来ますか?

 出来ます。ただし、濡れるとテロテロになる・引っ張ると千切れるなどの

 ダメージが強い髪の場合、施術できない場合があります。

 一度担当のスタイリストにご相談ください。

 

▶︎どの位のペースですれば良いですか?

 1度目の効果をより良くする為には、2度目は1ヶ月~1ヶ月半の来店サイクルが

 おすすめです。2~3度の施術で繰り返すことで髪の構造や水分保持効果が

 増していきます。その後、扱いやすさや質感の持続力が増してきたら

 コースを切り替えてメンテナンスをすることをおすすめします。

 

その他、気になることあればいつでもご質問くださいね。

    その他のおすすめ記事

    &mouについて

    &mouで叶える美髪生活

    こんにちは!スニップです。   今年の春よりついに …
    &mouについて

    &mou 時間と料金について

    こんにちは! 大阪市内に10店舗、ご家族でずっと通える今どき …

    Page Top